緑内障への近赤外線療法

スーパーライザー
スーパーライザー

緑内障は視野が次第に狭くなってくる病気で、40歳以上の日本人ではほぼ 20人に1人といわれています。なかでも正常眼圧緑内障は視神経の血液循環不全が大きな原因とも言われ、視神経症の一つとして捉え始められています。初期には自覚されにくいため、早期発見が非常に重要です。
眼圧を下げることがその治療の中心ですが、点眼液、内服薬、レーザー手術、入院観血的手術と段階を経た治療法があります。しかし、いずれにしても一度欠損した視野は回復不能といわれています。
当院に隣接する眼精疲労ケア施設「アイクリーク」では、近赤外線照射装置「スーパーライザー」を設置し、眼精疲労ケアだけでなく、緑内障や眼底疾患に対しても活用しております。 この"スーパーライザー"は、視神経や、網膜の血行促進にも役立ち、緑内障や網膜色素変性症の方々に視野の拡がりや感度上昇の効果がみられます。 当院では、必要と思われる患者様にアイクリークでのスーパーライザー照射をお勧めし、好評をいただいております。

かとう眼科

スーパーライザー予約について

スーパーライザーをご希望の方で、初診の場合は、まず医師の診察が必要になります。 

診察スーパーライザーの両方の予約をお取りいたしますので、

予約システムから「眼精疲労専門外来」をご予約下さい。